着こなし方

tfag (1)

日本の礼装、海外の礼装

日本では結婚式などのパーティーで、ブラックスーツに白ネクタイというスタイルの男性を多く見かけます。

というより、ほとんどがそのスタイルといってもよいくらいかもしれません。

しかし、ブラックスーツに白ネクタイというスタイルは、世界的に見てみるとかなり異色。

現代の日本では、ブラックスーツに白ネクタイがもっとも良い礼装であるかのように扱われていますが、ブラックスーツは礼装と言っても略礼装で、海外の人から見ると、単なる「黒いスーツ」としか認識されないというケースもあるようです。

では、結婚式をはじめとするパーティーで着用するのにふさわしい礼装とは、どのようなものになるのでしょうか。

タキシードの着こなし

正礼装には、燕尾服やモーニングといった衣装があげられます。

ただし、燕尾服やモーニングは、現代では、正礼装のなかでもかなりあらたまった場で着用されるものというイメージが強いようです。

結婚式などでは、新郎や、新郎新婦の父などが着用し、一般のゲストが燕尾服やモーニングを着用するケースというのは少なくなっています。

いまや燕尾服やモーニングは時代衣装的な扱いを受けることもあるため、TPOを一歩間違えると正装であるにもかかわらず仮装のようにも見えてしまいますから注意しましょう。

そこで、一般のゲストとしてパーティーに出席する場合には、燕尾服やモーニングのかわりにタキシードを着用するというのが無難な選択といえそうです。

タキシードというのはとても便利な衣装で、小物や素材などの組み合わせによって、正礼装として着用することもできれば、少しくだけた感じの礼装として着用することもできるそうです。

たとえば、黒のタキシードジャケットとパンツに、立衿のヒダ胸シャツ、黒の蝶ネクタイにカマーバンドを合わせれば、あらたまった席でも何ら問題のない正礼装としての着こなしが完成します。

また、シャツをヒダ胸シャツではなくシンプルな立衿のものにするなどすれば、やや軽めの礼装としての着こなしにもなります。